地域活性化の制度|ふるさと納税が便利|好きな地域に収める!

ふるさと納税が便利|好きな地域に収める!

メンズ

地域活性化の制度

田舎

これまでにない節税制度

ふるさと納税とは2008年に始まった制度で、自分で選んだ市町村に寄付ができる制度の事です。この制度を利用する事によって、寄付を行った各市町村から返礼品を貰う事ができます。また、寄付金のうち2000円を超えた部分については、翌年の所得税、住民税から控除されます。ただし、その人の控除される上限金額は所得により異なります。ふるさと納税は簡単に言えば「2000円を支払うだけで、返礼品を貰う事ができ、節税できる。」といったメリットがあります。その為、毎年のようにテレビでふるさと納税の特集が組まれています。また、このふるさと納税をしているだけで、日常生活に困らなくなったといった人も紹介されるようになり、注目を集めています。

人気の秘密

このふるさと納税ですが、どうしてテレビでよく特集が組まれる程に人気なのかというと、その返礼品の種類の多さが一番の理由です。返礼品は各市町村の名産品であることが多いです。そして、その中身は日常生活で必須なお米であったり、お肉であったり、ヨーグルトであったりと多種多様です。また、普段買わないであろう高級なA5ランクのお肉が返礼品にされていたりしています。その為、実質2000円で普段の生活で必要なもの、もしくは普段買えないようなものが貰えるので、人気となっています。もちろん、ふるさと納税者にとってはとても魅力的な制度になっていますが、地方の市町村も自身の特産物の紹介になるので、とてもメリットの多い制度となっています。