ふるさと納税が便利|好きな地域に収める!

景色

税金の使い道を自分で選ぶ

お金

ふるさと納税とは、地方自治体に寄付をすることで寄付した翌年の住民税が控除されたり、その年の所得税から税金が還付されたりする制度です。しかし気をつけてほしいのは、控除額はその人の年収などで変わってくるということです。事前にシミュレーションすると良いでしょう。

この記事を読む

地域活性化の制度

田舎

ふるさと納税は2008年に始まった制度で、現在では実質2000円の寄付で、各市町村の特産物を返礼品として貰える制度になっています。これにより、ふるさと納税者は節税に加え、返礼品も貰え、各市町村は自身の特産物を紹介できるといったメリットの多い制度だといえるでしょう。

この記事を読む

誰でも簡単にお得になれる

お肉

手軽にできる節税

ふるさと納税は、寄付金額の一部が所得税や住民税から控除されるため、誰でも手軽に節税対策ができます。たとえば、3万円寄付すると、本当は来年徴税されるはずだった3万円から、2千円を引いた2万8千円分税金が減ります。また、寄付のお礼として寄付先の自治体から、返礼品がいただけます。返礼品は、金額に換算すると1万円の寄付につき3から5千円程度の品が用意されることが多いです。その自治体の特産品や、優待件、日用品等用意されている返礼品は多岐にわたります。尚、寄付額はある一定の額を超えると、お得ではなくなってしまいます。一定の額は収入や保険料等により個人差がありますが、ふるさと納税のサイトから簡単に確認ができます。

負担額2千円をお得にする

ふるさと納税はどうしても負担額として2千円かかってしまいますが、返礼品でそれ以上の価値のあるものがいただけることがほとんどです。また、寄付の上限額が高い人が上限額いっぱいまで寄付すると、返礼品としてパソコンや高級旅館等の高価な返礼品が用意されていることもあります。どうしても、物ではなく現金で負担額分を取り返したい場合は、優待券を用意している自治体への寄付がお勧めです。優待券を金券ショップで換金することで、現金化できます。また、大手通販サイト経由でふるさと納税を行った場合、通販サイトのポイントやクレジットカードのポイントも貯まります。そのため、ポイント還元で負担額を軽減することが可能です。

ふるさとに納税する

魚介類

ふるさと納税とは、自分のふるさとでなくても個人的に応援したい地域に寄附することが可能です。お礼に食品がもらえたり宿泊券がもらえることもあり節税対策にもなり、地域を活性化させることが出来るメリットがあります。

この記事を読む